ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

V-Accordion作曲活動

トレモロの効用

V-Accordionのマンドリン音色について、先日の記事でロングトーンでも緊張感が生まれると書いた。新曲「Curoscivo」以外で最もロングトーンが多いのは「Pathos of Forest」、次に「Taiga」だと思うけど、試しに前者をマンドリン音色で弾いてみたらやかましさ…

タイトルネーミング学

先日、新曲のタイトルが決まるまでについて熱く語ったのだが、僕にとって曲のタイトルは作品の完成度を左右する重要な要素だ。そんなに大事なら最初からタイトルありきで作曲すればいいのだ!確かに。というか常に良いタイトルについてアンテナを立てて考え…

新曲「Curoscivo」について

昨日アップした新曲「Curoscivo」について、書いてみよう。 最初はたまたまだった。中華風で海を感じる8小節のメロディーを思いついた。それが、マルコ・ポーロのイメージと結びついた時に曲のイメージが明確に見えてきた。船の舳先に立ってまだ見ぬジパング…

閉店

曲が完成してからなんとなくずっと作ってきた新曲のオープニング部分が出来上がった。オープニング的なイントロはなくても良いと思ってたけど、和声が気に入ったので曲中にも同じ和声進行をトリオ的に取り入れてみたら、曲の格式が上がった気がする。これは…

Grazie!

いつか降りてくれると思ってたよ。ついに新曲のタイトルが正式に決定した。これしかないというものに辿り着けた。詳しいことはYouTubeに演奏動画をアップした時にでも書こう。Wikipediaで記載が存在する(項目名ではない)1単語でありながらYouTubeでそのタ…

夏の訪れ

札幌の夏は暑くもなく寒くもない快適な天気だ。この嵐が過ぎればたぶん夏が近づくだろう。今年はきっと記憶に残らない年のような気がする。大きな変化がなく、次に繋がる積み重ねの年…とでも思わないとやっていけない。 最近、少し太った。水をたくさん飲ん…

エネルギー

一日に使えるエネルギーは一定のような気がする。今日は仕事でそれを使い果たしてしまって今は元気が出ない。体力ではなく頭の方。タイトルを考えてみたが、脱線してばかりで進まない。 実はこういう意味が隠されているんですよ、というタイトルよりもズバリ…

朝のアイディア (2)

別にシリーズ化するつもりはないが、今朝もひとつアイディアを思いついた。検索してみたところInstagramやYouTubeのアカウント名にはあるが「作品名」としては出てこない。 その時はいいかも!と思ったけどこの時間になって考えてみるとまだひねる余地はある…

朝のアイディア

朝、ひとつタイトルを思いついた。でも検索してみると、日本の(元)アイドルの歌のタイトルだった。ダメだぁ。日本のというところが余計に良くなくて、僕がそのタイトルを使うとカバーかと思われてしまうから。 でも朝はなんか浮かぶのかも知れない。頭の中…

妄想の完成

新曲が完成した。たぶんわずか4日ほどだと思う。数週間かけても完成しない時もあるのに…出来る時には出来るのだ。今回がそれ。間違いなく自己史上で一番の名曲で一番好きな音楽だ。もちろん聴く人の反応は無関係としての意見。 同時に作曲途中でこの曲の背景…

捨てる勇気

新曲は、まさに今までずっと作りたかったタイプの、東洋的なメロディーで展開の多さよりも河のように音が流れていく感じがテーマの曲だった。いま出来ているサビAメロとBメロだけのリピートにひっかけぐらいでもういいかも知れない。無理に展開を作って違和…

舞い降りしもの

メロディーが降りてきた。今度は本物。 今月作ってた曲は行き詰ってた。本当言うと20年前のDTMの曲とバヤン弾き語りの曲のミックスだった。調は合っていたんだけど行き詰っていた。それらしい風には作れるけど弾いてる本人がそんなに共鳴しないというか、う…

正しいリズムはなんだろう?

最近、気をつけないと数日ブログの更新を忘れてしまう。そして週末に内容の薄い記事というか誰も興味のない単なる日記を書き連ねなければいけなくなる。しかしまぁ僕にとってはそれも記録だ。 新曲は、先に右手の練習だけ完璧にしてしまったから後は左手(ベ…

名曲に上限はない

仕事から帰ってごはんを食べると20時半ぐらいだと思うけど、もうその時点で眠い。新聞を読んでダラダラしたら21時、この時点で横になると気持ちいいだろうなぁと思うけど、何もしないで寝るのは勿体無い。今日は今日しかないのだから。そんな時にYouTubeで好…

映画音楽

昨日、映画館の話を書いたが、映画音楽は映画以上に好きだ。僕の好きな音楽の何割かは映画音楽だし、自分の曲も架空の映画音楽のつもりで作曲することも多い。特に、サウンドトラックではなく、映画のテーマ曲が好きだ。そしてさらに「有りもの」ではなくそ…

運指を変える

V-Accordion FR-1xbのボタン配置は5列であって(バヤンで言う5-рядный)、内側2列は外2列と同じ音であり、補助キーとしての役割やアンサンブルでのキー変更などに対応できる。だから内2列を使おうが外2列を使おうが自由で、弾きやすい方を選べばいい。 最新…

時間のかかること

気がつけば最新曲ばかりをよく弾いてしまう。たぶんアレンジの余地があるからだろう。曲はもうかなり落ち着いたけど少し和声を変えるだけでかなり印象が変わる。これがすごく楽しいんだよな。同じようにこれを面白いと思う人に曲が届くようにしたい。すべて…

レパートリー

オリジナル曲は、その時ベストだと思うアレンジで完成度が高いと思える曲が、そうだな10曲あればそれでいい。6曲でもいいと思う。3曲だとちょっと少ないかなと思うけどね。自分で作って自分で満足に弾けない曲があるんだけど、いくら曲の完成度が高くてもそ…

街のBGM

僕は名刺に「街のBGMになりたい」と書いてるけど、いまだ実現してない。それどころか一瞬でも達成は出来ていない。まぁ家でバヤン弾いてるだけではBGMにはなれないだろう。ストリートライブをしたいというのではない。ストリートライブは強制的なのであまり…

迷いがないこと

新曲を手直ししてる。ポップであることって迷いがないことだと思う。曲が一応完成した後の手直しはすでに迷いがないから基本どんどんポップに、分かりやすくなる。それでいいと思う。付け加えるにしてもこれはいらない、これはいいかもという判断が即時に出…

音楽の日

ようやく次の新曲が完成した。過去のオリジナル曲からフレーズを借用しなかった新曲はRough Mage以来7曲ぶりで、時期にしては1年ぶりだ。それだけに思いも強い。 サビに当たるCメロ(という言い方はなんか歌モノみたいだけど)が出来たら後はつなぐだけで完…

サビ浮かぶ

新曲のサビにあたる部分の作曲ができた!突発的に和声を展開したらうまいことAメロの頭に戻ってくれた。せいぜい3日ぐらいだったが今回久々に行き詰ってたな~。20年前の弾き語り時代やDTM時代に作曲したオリジナルのセルフカバー(焼き直し)を含まない純然…

名曲と迷曲

突発的に強いイメージを持ったフレーズを思いついた。これはきっとこの数年、時々口ずさんでいたメロディーなんだけど明確な形を持たなかったもの。不思議なことに楽譜に出来ないようなフレーズをよく口ずさむことがある。それがふと形になった。多分これこ…

聞こえない声を聴く

このところ朝晩とずっと同じ曲を練習している。練習しながら作曲してる。あと一捻りがないと世界観のある曲として存在するのは難しい。聞こえない声を聴く。音が音楽になるには世界観が必要だ。その曲で何を言いたいのか…歌モノとインストに違いなどない。歌…

情景

作曲をする時、情景がイメージできるようになれば一気に自分の中で曲が馴染む。新曲もそういうイメージが出来た。もともとはこの曲も一部は過去にDTMで作った曲のフレーズを使ってるけど、全部じゃない。その時はある事件の映像を見て作った。でも今のイメー…

いつもお前に悩まされる

一人の時間もあったのでバヤンを弾いたりしながら一日タイトルを考えた。おかしいだろう、終日、自分が作った曲のタイトルを考えてる男なんて…。浮かばない。普段なら案は出てきてその英単語なりフレーズを検索してかぶり回避チェックしてるところなんだけど…

新曲が完成しました!

およそ2日ほどで3拍子の新曲が完成した。 今回はテーマも目的もすごく明確だ。タイトルを考え中だが、そんなに時間かからないんじゃないかな。というか作曲が完成して、まだ弾きこなせていない段階でタイトルを考える、これが無上の楽しみだ。なぜなら僕の場…

3拍子の新曲

ライブまでちょうど2週間を切った。練習だけすればいいのに、昨日から新しい曲を作り始めた。たまたま観たフィギュア四大陸選手権の女子ショートプログラムで坂本花織選手が「From My First Moment」という曲(サティのジムノペディ第1番に歌詞をつけた歌)…

転換点

季節の変わり目はいつもこっそりとやってくる。後から思えばあれがきっかけだったなんてこともある。 ここ何日か考えてきたこと。音楽活動の方針を大きく転換する。まだ自分でもそれが良いことなのかどうか逡巡してるきらいがある。だからまだ詳細は書かない…

左手の筋肉が痛い時

V-Accordionの数十分の練習だけで左手の甲というか左手の外側の筋肉が痛む時がある。 でも2時間やっても痛くない時もある、というかそちらが通常。今の仕事はタイピングを山ほどしてる訳ではないから腱鞘炎みたいな感じで疲れが溜まって痛くなるのではないだ…