ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

【V-Accordion レビュー】FR-1xb 音色編

f:id:bonkasugai:20180129204606j:plain

 

レビューの第3回は音色についてです。

 

右手音色は1~4の音色スイッチで切り替える。アコーディオン音色、オーケストラ音色、オルガン音色が大きなカテゴリで、それぞれについて1~4スイッチ(一つのスイッチの中に数種類あり何度か押して切り替える)で切り替えるのだけどアコーディオン音色にはさらに上のカテゴリとも言うべき「セット」があり、それがなんと4x4ある。16のセットから1つを選び、その中からさらにスイッチで切り替えるのが4スイッチx2~4種類ほどの音色がある。

 

このセットについてはいままで取説を読み飛ばしていて、今日まで気づかなかった。アコーディオンだから当然アコーディオン音色が豊富で、世界中の特徴的なアコーディオン音色をサンプリングして作成された音というわけ。これに気付くまで一つのセットの中の10くらいの音色で満足していたのにさらにその16倍の音があったんだ。とてもじゃないが全部は試せていないがミュゼット系はかなり気持ちいい、シャラシャラした響きである。今日は思わずいかにもアコーディオンらしい曲を弾いてしまった。

 

デュアルモードだとアコーディオン音色にオルガン音色またはオーケストラ音色を加えて同時に鳴らせることができる。この機能、必要なのだろうか?笑 開発チームの遊びのようなものなのかな。取説は読み飛ばしたらダメだな。ちゃんと読もう。音色の話とはちょっと違うが1オクターブ上や下にトランスポーズさせるパラメータもある。

 

レビューはいったん終わり。総合的に言って、買って大変満足しています。劣化や故障がないように大事にしよう。

 

それにしても買うまでに2ヶ月毎日のように楽器の画像や動画を見ていたから、うちにこの子が来てもまったく違和感がなかった。いるのが当然という顔をしてる。最近、天気が曇りがちで月を見ていないが、月を見ながら弾きたいものだな!