ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

緊張と緩和

昨日浮かんだイメージを膨らませて5曲目の作曲を続けている。和室の窓からは夕焼けが見えた。もう外は寒いけど、ミヤネ屋が終わって練習し始めてしばらく、16時台くらいに一時、激しい太陽エネルギーを浴びる。そのたびに毎日少しずつ冬に近づくのを知る。

 

作曲って人それぞれだと思うけど、和声やメロディーがもたらす感情の配分に注力する。曲のテーマを生かしつつ、どれぐらい予想外の展開を入れていくか。それを一曲の中でバランスよく配合する。顔文字で言うと、すまし顔、微笑、笑顔、真顔、驚き顔、怒り顔、爆笑とかを取り混ぜたい。できれば泣き笑いのような感情までも網羅できれば楽しい。緊張感ばかりだと聴きづらくなる。やはり緊張と緩和ですか。

 

今回の曲はいろいろと変化を入れられそうだ。和声の少しのズレで自分が喚起される感情が変わっていく。それを見つけた時は大袈裟だけど生きてて良かったなぁと思う。忘れないこと、育てること、知ってもらうことを大事にしよう。早く完成させて動画を撮りたいな。