ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

羽ばたいてくれ

時間が出来たので次の曲の作曲が進んだ。今回もオープニングだけは王道でキャッチーだと思う。「これはなんか簡単すぎるかな…」と思う方が後でYouTubeにアップして聴くとよかったりする、我ながら。「これは独創的だ!」と思うものは後で聴くとちょっととっつきにくい印象だ。

 

僕はそのどっちも好きだ。限られた時間の中で、というか短い人生の中で僕が生み出すことのできた曲だから。ただ自分で弾いてて安心できるものがどういうものか少し考えが出来てきた。

 

おかしなことだけど、曲が「自分だけのもの」じゃなくなってくると、なんだか安心感が増す。そして聴きやすい=キャッチーな曲の方が、「自分だけのもの」から離れていきやすい気がする。「ウケる=反応がいい」というものとは似ているけど違う。自分が特殊なアイディアとバックボーンから生まれた曲よりは、自然に生まれた気がして、そうすると曲が羽ばたいてくれる気がするのだ。

 

特殊すぎるものもクリエイター変態道として好かずにはいられないけど、羽ばたいてくれるものも好きだ。羽ばたいてくれるのはうれしい。