ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

過去の自作曲をやり直す一番のメリット

次に練習する曲はDTMで最初に作った曲にしよう。

 

もう本当に20年前に作った曲だけど、いまだに口ずさむ時がある。そして今日たまたまV-Accordionで弾いてみようという気になった。自分の曲だから好きなようにアレンジできるのはいつもと同じだけど、すでに完成しているものをアレンジするのはまた別の楽しみがある。

 

過去の自作曲をV-Accordionを人前で演奏できるようにブラッシュアップするのは初めてだ。しかもこれはバヤンで作った曲じゃなくDTMだったから、それを弾きやすいようにアレンジするのは楽しいんじゃないかな。どうなんのかな。

 

今ちょっとやってみたけどははぁ…なるほどバヤンに置き換えるとベースがこういう動きをしているのか…ベースがこういう動きをするとこういう曲になるのかぁ~とまた音楽理論からは遠いところで自分勝手に納得してる。自分の曲だから僕だけがいじれる。まぁ僕しかいじろうとする人はいないけどね。

 

DTMをやり始めて最初に作った曲だからDTMとしてはおそらく技術が稚拙だったということもあって、結局その曲を人前で披露する機会には恵まれなかった。それを少しずつV-Accordionで演奏すべくやり直すってイイやん。楽しいわ。

 

そして過去の自作曲をやり直す一番のメリット…それは、タイトルがもう出来てることだ!あぁこれで悩まなくて済む。ほんと、それが一番だな。