ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

哀しいことに慣れてはいけない

僕がバイトと呼んでいる派遣の仕事について、派遣会社から契約更新するかどうかの確認メールが来た。契約更新は3ヶ月ごと。次は来年1月末までの3ヶ月になる。連れに相談はしたが、結局決めるのは自分だ。シャワーを浴びながら考えて、契約を10月末で終了することにした。

 

僕は昨年9月末にそれまで働いた仕事を退職して別業界への転身を図ったがとどのつまりまともな会社には入れなかった。だからこうしてバイトをしている。ずっと言っていたが「できることとやりたいことは違う」。でも失業給付が終わるまでに叶わなかったんだ。「できること」を派遣の仕事でちょちょいと決めてなんとか食いつないでいる。

 

辞める理由は一つ、楽しくないから。仕事の内容じゃなくコミュニケーションの質の問題だ。簡単に言って人間関係。給料よりも何よりも僕が優先するものがいまの会社にはない。以前が管理者だったからそう思うのかも知れない。それ以外に大きな不満はないんだけど、だからと言って続けるモチベーションはない。生活の(低いレベルでの)安定があるということを除いて、なにもない。

 

これから初ライブに向けての準備とともに、転職活動も本気でやらなければいけない。忙しいが、忙しいのは楽しいことのはず。きっと…。無謀かも馬鹿かもしれないとは思う。時々とても怖くなる。それでも今のところに長居する意味が感じられない。だから前へ進もう。

 

楽しいことのために生きてみるか?哀しいことに慣れてはいけない。