ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

運指を変える

V-Accordion FR-1xbのボタン配置は5列であって(バヤンで言う5-рядный)、内側2列は外2列と同じ音であり、補助キーとしての役割やアンサンブルでのキー変更などに対応できる。だから内2列を使おうが外2列を使おうが自由で、弾きやすい方を選べばいい。

 

最新曲「Tapestries」の運指を少し変えた。流れの中で弾きやすいというか指の形を大きく変えずに弾ける方のボタンを使えばいい。これによって大分楽になった。運指は重要だ。指のジャンプが少なければ曲の安定度が増す。演奏は指のダンスみたいなものだけど、ダンス自体を見せているのではないから確実な方がいい。ただまだ慣れてなくてまだ以前の動きをしてしまう時がある。これはもう弾き倒して、一度付いた癖を上書きするしかない。同じ部分を10分くらいずっと繰り返し弾く。これが結構効果的だ。こうやることで指が自動的に動くようになる。今はそんな練習をしてる。しかしこの曲はずっと成長しているなぁ。次の曲を作りたいけど、飽きない。人からの評価はともかく僕はこの曲が好きなんだ。