ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

左手の先回り

V-Accordionで右手だけで練習をしていると、いかに左右の手のコンビネーションが大事かが分かる。なんというか…この左右は一体なんだと思い知る。ピアノのように同じ音質なのではなく、左右の手はまるで別の楽器だ。だからこそ一体化が必要なのだろう。

 

実質、左手は若干だけ早く弾くのがいい。早くというより右手より先に鳴るように先回りする。同じ拍の頭出しで左右の音が楽譜上は同じ時系列にあったも、コンマ何秒の世界で少しだけ早く鳴らす。まるでドラムのテクニックのようだ。ほんの少し頭をずらすことでグルーヴを生み出すのだ。それが右手だけの練習をやった後に両手でやるとよく分かった。意識するというより、それが普通であるかのように指を動かすと、曲は自分では信じられないぐらい変わった。鳴らしているのではなく生き物のように鳴っている。

 

いいことに気が付いた。ただの練習が大きな喜びになる。