ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

トレモロの効用

V-Accordionマンドリン音色について、先日の記事でロングトーンでも緊張感が生まれると書いた。新曲「Curoscivo」以外で最もロングトーンが多いのは「Pathos of Forest」、次に「Taiga」だと思うけど、試しに前者をマンドリン音色で弾いてみたらやかましさの代わりにかなりの変化が味わえた。これは…使えるかも知れない。マンドリン音色が急にレギュラーになった。いろいろ試してみるがこれはいい兆候。自慢でもなんでもなく、僕はアコーディオン作曲家ではないだろう。ただ、何者でもない自分であるためにやっている。