ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

耳の中の他人

寝る前の最後の最後、就寝時間を1時間短縮して作曲してたら、ようやくOKかなというパターンが出来た。ここは大体5パターン作ったが、急に自己満というかよく分からない世界になってしまい、曲の勢いを削いだ。分かりやすいとはどういうことか。聞き流せてしまうことかも知れない。ただし聞き流されるだけではいい曲にならない。そういうことを考えながら、聴衆としての自分に聴いてもらって正解を選ぶ、その感覚がちょっと身についたかも知れない。なんだか別の自分を、いや自分じゃない他人を耳の中に住ませる感じかな。基本的に作曲の世界でやっていけないことはない。でも一番たのしいと思えるものをこの他人は選んでくれる気がする。ありがとう。