春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすLIFE

バヤニストの独り言

残り9R

金曜日が終わったので残り9Rとなった。なったのだがこれは一体なんだろう。なんの苦行なのだろう。一体この世界はなんなのだろう。パワハラの環境にいる人はみな同じ気持ちなのだろうか。パワハラとは環境だ。自分が責められなければ平気な訳ではない。そこにいるだけで不快なのだ。

 

残り10Rから9Rになる日であった今日は激しい打ち合い、ではなく敵から怒涛のパンチを受けた。ただもう時間が過ぎてくれれば僕の試合は終わるのだけど、ただでは終わらせないとばかりに攻撃を受ける。無駄だ。この試合は10営業日後に終わるのだから。なのになんの腹いせなのか、両手を後ろに押さえつけられながら殴り続けられるような8時間プラス不明な時間(賃金の発生しない労働時間は「残業」とは言わない)。リングに上がったことを悔いている。

 

想像した通り、来週の5日間は最大の山場になるだろう。逆に5日間を生き残れば後は指折り時間の経過を数えるだけだ。