春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすLIFE

バヤニストの独り言

ジャッキー奏法

新曲を作曲中、新技を編み出した。

 

それは左手のベースキーのジャンプに関わること。例によって僕は基礎を学んでないのでそもそも奏法としてそういうものが必要なのかどうか、また他のアコーディオン奏者がどうなのかすら分からないけど、僕の場合、左手の手のひらをベタッと奏者から見て左側のところに付けている訳です。ベースキーで大きいジャンプ(遠く離れたベースキーに移動)する時、いつも非常に苦心する。ボルダリングで上にジャンプするみたいにリスキーである。だから出来るだけジャンプしないかジャンプの回数が少ないように作曲するけども、どうしてもこれが必要というジャンプもある。今回の曲がまさにそれ。ジャンプがし易いのはベローズ(蛇腹)が完全に閉じてる時ぐらいであって、開いてる時にするジャンプは重力がかかるからベローズが下に落ちてしまう。

 

そこで、今回編み出したのは、左手の甲を左側のストラップの内側に押し当てて一時的にバランスを保ちジャンプする方法。ジャッキー・チェン素手でビルを上がる時にジグザグに進むイメージから「ジャッキー奏法」というこれ以上ない名前を付けましたよ。こんな奏法(奏法なのか?)、邪道なんでしょうけどね。むしろ「その奏法ちゃんとした名前あるよ」なんてことあったらビックリだな…。いったい他のアコーディオン奏者の方たちはどうしているのだろう。

 

とりあえずこの奏法を使ってから、大きいジャンプの成功率が格段に上がりました。だから、これでいいのだ。