春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすLIFE

バヤニストの独り言

いつか日の目に

例の好きな和声進行だが、どうもそこから曲に繋がらない。久しぶりの産みの苦しみ。

 

和声進行自体はとても心地よいんだけど、曲には旋律がいるのだ。和声自体が曲、というのもある。マニアックな曲になりがちだ。でも今回はそれでもない。そしてコード主体でそれに乗せる旋律を考えても、それはなぜか枠内にとどまる。旋律から生まれなければいけないし、それに後から和声が加わることで完成度が高まり、個性が生まれる。だから和声進行から生まれたものはトリオ部分の下地には使えるけど主体にはなれない。あくまでも僕の場合。

 

今回はどうだろう。和声を想像しつつ旋律を考えて見たが「フツー」だ。あぁ音楽だね、ということで感動はない。不思議なことに。だから今のものから一旦は離れようと思うが、忘れたくはない。そんな訳で毎朝、弾いている。いつか表に出てくる日がくるだろう。