春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすLIFE

バヤニストの独り言

ゴシック

新しい曲でも作ろうか、とバヤンを弾いていて、5分ほどでとっかかりのメロディーを思いついた。なぜこれをいいと思うのか…すぐにこれは「Märchenverbot」と同じ世界観だと気づいた。ゴシックな印象。ティム・バートンの映画のBGMのようだ。そうだ、僕はまだハーメルンから離れたくないんだな。1曲作ったぐらいでは、調べた力量というか想いが(恥ずかしい表現だ)昇華しきれないのだろう。

 

そこで前回、マルコ・ポーロのテーマで三部作の組曲になったように、ハーメルン伝説の前奏というか、「Märchenverbot」の前奏曲を作ろうと思った。これはいい。まだこの世界観の中にいられる。そうと決まればもうすぐにとりかかれる。僕の頭の中に埃っぽい13世紀のハーメルンの町や雨上がりの路面の印象はくっきりと残っている。イメージは形になるのを待ちわびている。よし作ろう。あぁ楽しい。自分が鳴らしたい音だけを鳴らす人生だ。