ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

つなぎの美学

ふと思い立って、先日最後に作ったパートを3拍子から4拍子に変えてみたら、面白かった。面白かったがちょっと曲中そのパートだけ別の曲みたいに浮いてしまう。曲は3拍子だからそのままワルツにするのがおかしくはないんだけど、どうなのかな。頭の中でも楽器弾きながらでも何度も両パターンを試すけどまだ答えは出ていない。

 

そのパートを独立させて次の曲にするという手もある…。でもそれもなぁ。そうすると今作ってる曲への興味が薄れてしまう。それぐらい旋律として完成されている。あるようでない、という最高の誉め言葉が似あうメロディー。なんというか4拍子の方が活気がある。あ~。

 

あともう一つの問題は前後のつなぎがいまいちなこと。かなりの時間を費やしているが、今のところ和声が連続するように繋げているだけでどうも腑に落ちない。急になんか別の楽章に移ったようになってしまう。それでもいいのかも知れないけど、ワルツって流れが大事だから、それを止めてしまうのはちょっとよろしくない。うれしい悩みだ。今は寝る時も会社で仮眠するときもずっと頭の中でつなぎを考えている。