春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

水漏れ事案・2021冬 (1) 発生

悩み事がないなぁ…と思っていたら事件は突然起こる。夕食後の映画鑑賞の時間が終わり、iPadで気持ちよく音楽を聴いていた時だ。連れが部屋の中で水漏れを見つけた。なんと押し入れの中で、天井から今まさに水滴が落ちようとしている。被害状況を見ると、どうやら数時間か数日かかけてコップ1~2杯ほどの水がゆっくりと落ちていたのだ。

 

幸いにも高価なものや腐るようなものは押し入れの中には置いていなかったが、風呂敷が水で濡れている。プラスチックの衣装ケースが汚水で茶色い染みを作っていた。

 

マンションの管理をしている会社の24時間窓口に電話したら、希望ならこれから工事作業者を訪問させると言ってくれた。ただし夜でもあり、水滴も新たには頻繁に落ちてこない。おそらくは何らかの過失があり、ピークは過ぎてもう治まりつつあるのだろう。ひとまず上階の住民に過失がないかの注意喚起をしてもらうとともに、翌日来てもらうよう依頼した。証拠の画像をスマホで撮影し、押し入れの中の荷物を外に出し、バケツを置いて一晩寝ることにした。

 

以前、トイレの奥の配管が傷んで階下の部屋に水漏れが発生したことがあった。その時、僕は加害側である。今度は被害者だ。前回のようにお金で悩むこともないだろう。天井から水が落ちてきたら100%悪いのは上階だ、と思っていた。だが真相は別のところにあったのだ。(つづく)