春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

音目

たまたますごくいい和声の展開を思いついたけど、曲の中にうまく落とし込むことができない。いつも言っているがよい曲は曲想が一定しており、突然おかしな和声になったりしない。馴染んでないと。

 

純粋な和声の変化の美しさは木目みたいなものかも知れない。その木目を生かして彫刻作品にしないとあまり意味はない。作者目線では「あっ!」と思うけど木目は彫刻になって初めて美しさが目に見える。木目だけを愛でるのもいいけど、それは閉じた世界だ。

 

といいつつもその和声をどうしても忘れられないのでちょこちょこ展開を作っている。これは曲になるのか単なる音目(音の木目?)のまま終わるのか。毎日少しずつ削っている。