春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

日本人バヤニストの生活と日々

2024年の健康診断 (4) 当日

今年の健康診断、当日。初めての場所なので来年用の備忘録を兼ねて書いておく。

 

尿検査が現場で取得のため朝のお手洗いを我慢しなければいけない。これが結構辛い。そのためできるだけぎりぎりで起きた。7時半起床で7:55に出発。ラッシュの地下鉄に乗りたくないので徒歩で行くことにした。朝の散歩だと思うと心地よい。8:35に到着だから40分かかった。Google Mapの経路検索で徒歩41分と事前に見ていたが、その通りだった。恐ろしいほど正確だ。

 

9時スタートだが受付は8:45以降と書いていたので早いかな?と思いつつ健診センターに行くともう何十人も待合室のような場所に座っている。僕より早いスタートの枠があるのか知らないが、もう少し早く来てもよかったのかも知れない。

 

入口で銀行にあるような番号札を取り、受付を済ませて番号が呼ばれるまで待つ。荷物を手持ちしている人は少ない。入口左にロッカー室があり、鍵をかけられるので荷物は必要ない。腕時計は外してロッカーに入れた方がよい。僕は文庫本と番号札だけ持って、それ以外はロッカーに入れた。予定の9時5分前ぐらいに呼ばれる。

 

ここは病院ではなく健診センターだ。外来治療や入院はないのだろう。すべてがスピーディーに進む。流れに無駄がなく、待たされる時間も少ないので誰にとってもありがたい。勤務されている方のホスピタリティも高い。

 

身長・体重計測>看護師の問診>血圧>医師の触診・問診と進む。これまでは問診票は「特になし」ばかりの僕だったが今回は2年前の大腸ポリープ切除(これは既往歴に入る内容だといつもの病院で聞いた)、それに先月の虚血性腸炎内視鏡検査が特筆すべき点だった。内視鏡検査は治療ではないのだが組織を採取されたと言ったら少々微妙らしかった。二か月以内に内視鏡「治療」を受けた場合バリウム検査は勧めない方針らしい。そんな中、医師の問診で奇跡が起こった。虚血性腸炎の完治後もお腹が痛いことはない?と何度も訊いてくる。ないです、と答えたがやがて先生の意図が分かり、「…まぁ何度か腹痛はあります、もともと日常的に腹痛が起こるので」と表現を変えて答えたら、バリウムはしない方がいいですよと言われた。胃カメラよりバリウムの方が刺激が強いので、という理由だった。え…バリウム受けなくていいの笑?あの飲む時に戻しそうになるバリウム、今日飲まなくていい?とテンションが上がる。先生は説得ベースで話しているが僕は「はい!そうですね!じゃぁしない方がいいですよね!」と同調した。先生は安心したように「じゃぁ今日はバリウムは不可でいいですね?」と言いつつ問診表の不可に丸をつけた。胃の検査は今年しないことになるが、まぁ胃は痛くなったことないから大丈夫だろう。

 

その後は採血>視力>聴力>眼底検査>骨密度などの短時間で済むメニューが進んだ後、ようやく検尿。今日はちゃんと出たがこの時間まで昨夜から我慢するのは結構きつい。事前採尿ならパーフェクトなんだけどな~。そしてその後は優しいおじさんによるくすぐり拷問のような腹部エコー>レントゲン>胸部CTで終わり。最後にファイルを渡され会計担当窓口に渡す。ちょっと見えたがバリキャンと書いてあった。バリウムキャンセルか…。

 

ロッカーから荷物を出して会計待ち。5分ほどですぐ呼ばれクレカ払いして終わり。胸部CTや客痰検査がオプションなので13,500円ほど。クレジットカードの控えとレシートは渡されるが、医療費明細書を貰えなかった。たぶん言わないと貰えないのかも。来年は言ってみよう。すべて終わった時間が10:45だった。約2時間ですべて終わった、なんと優秀な!これまでは行きつけの総合病院が勤務先の健保の対象施設になっていたから行っていたが、よく考えたら健診センターの方がそれ専用だから何でも早い。来年もここにしよう。

 

バスで家路への途中下車して朝通りすがったパン屋でパンを買い、散歩して帰ってきた。バリウム飲んでないので体調は良かったが、なぜか頭痛になり、薬を飲んで治った頃に宅配ピザを数年ぶりに注文した。

 

よく400円ぐらいの冷凍ピザを食べていた。あれで満足できるんだから宅配ピザなんて高いだけだ。でも時々はご褒美も必要だ、と自分を言いくるめて久しぶりに出前館アプリで頼んだ。ピザハットでMサイズ半額になっていたアンチョビピザにサラミをトッピングして1600円ほど。宅配ピザなんて贅沢だなと思っていたが、めちゃくちゃ美味かった。冷凍ピザとは全然違った。昨日一緒に我慢してくれた心の友も大満足。よかったね、やっと終わったよ!さぁ2.5連休だ!