春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

日本人バヤニストの生活と日々

記録魔

僕は割と記録魔だと思う。何も記録せずインプットとアウトプットを繰り返して走り続けるような人生を送っている人を尊敬する。日記らしきものは小学2年あたりから断続的に現在まで書いており、しかもそれを捨てられない。このブログとは別に今も時々手書きで日記を書くことがある。これらは二回ほどの大規模な断捨離を生き延びた。いつか捨てなければいけないが、まぁまだいいかなんて思っている。かと言って事故などがあって突然この世を去ることになると、これらが誰かに読まれる訳だ。小学生時代の日記は可愛いもんだからよいけれど、20代あたりのは赤裸々でもう…、読んだ人が不幸になる日記だ。スキャンしてデジタル化するほどでもないし(した方がいいかも知れない)、どうしたものかな。退職して暇になったらプリンタ買って自炊しようかしら。