春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

くだらんこだわり

V-Accordion作曲活動

泣いても笑っても

泣いても笑っても一日は終わる。仕事で泣けてきたのは久しぶりだった。 今日は時間があったので既存曲をライブ形式で一回ずつ弾き通してみた。その後はやはり最新曲を弾いてしまう。よく考えたら作曲時には集中して弾いているとは言え、既存曲の中で累計演奏…

手癖の克服

新曲の公開が終わり、今日からまた新たなプロジェクトの開始だ。 つい作ってしまうフレージングを言葉は悪いが「手癖」と呼んでいる。なぜって指の動きが自然で楽だからだ。曲調が違ってもつい音符の動きが似ているフレーズを量産してしまうのは手癖のせいだ…

意味などなくても

週末の動画撮影を前に、ようやく新曲のタイトルが決まった。インスト曲のタイトルには意味など本体ないのだが、その曲はその名で呼ばれる訳で、自信曲である限り、気を使う。決まったので気が楽になる。結局は自己満足ではあるだろうけど、考えたことを無駄…

一音

ゆっくり弾くと、音をひとつひとつ鳴っているか確認できる。細かいパッセージは速く弾くと飛ばしてしまいがちだ。すべての音は作曲上必要な音なので飛ばしてしまうと台無しだ。その台無しが速弾きだと気づけない。今日はゆっくりと一音一音を大事に大事に弾…

ブランク

仕事で疲れたのか、なんだか精神的に鈍感になっている。バヤンを弾いても普段のように色々思うことがなかった。そんな日もあるのか。逆に割に手は勝手に動くので、練習は捗った。ネーミング沼からちょっと頭が出た感じだけど、抜け出るまではいかない。睡眠…

ある曲想

仕事中に仮眠している時に、ふと浮かんだ曲想を思い浮かべながら曲を頭の中で流したら、今までにない爽やかな気持ちになった。これまで想定していた曲想ではなかった印象だ。この方向でいいかも知れない。肝心のタイトルは、それらしいイメージのものをいく…

生きた証として

新曲の演奏動画の撮影は次の3連休にしようと思っている。今日はタイトル考案のために自分に向き合いノートに書き連ねたが、結局決まらなかった。それらしい候補はいくつかあったが、すでに楽曲名として多数使われていた。すぐに思いつくようなことは世界中の…

不老

今回の曲、8分の6ぽくない純粋なワルツなのだが、奏法に気を使う箇所が多い。スラーとスタッカートの違いをしっかり出さないと平坦な演奏になる。 スラーは納豆が糸を引くように指を滑らせて、スタッカートでは上半身全体の力で跳ねて弾く。しかし、20年を経…

抒情的なタイトル

この数日、新曲のタイトルを考え続けていた。例によって難航している…。 今日の仕事始めの時間にふっと浮かんだ表現(英語)があって単語について調べたりして、ようやくいくつかの候補を考案した。検索したがそのタイトルの楽曲が意外にも出てこなかったの…

せのび

曲が完成すると、違う音を出したくなる。その後のフレーズの伏線になるような音とか。そうすると運指は厳しくなるが、弾きやすい運指よりは少し難度を上げてやる。別に楽器の腕を上げる為ではなく、その曲をより良くするためにだ。最初は失敗ばかりだが、徐…

その中のひとつ

YouTubeで好きな曲をたくさん聴く。作曲に夢中な時期はあまり聴かず、作り終えると一気に聴く。たまたま流れてきた関連動画で知らなかった曲や、昔大好きだった曲も。同じ曲をいろんな形で演奏しているアーティストも好きだし、常に新しいことをやっている人…

幸せな孤独

エンディングをどうするかを昨日寝ながら考えたが浮かばなかった。そして仕事中に頭の中でひらめいた。頭の中では旋律としては完璧だったが、和声がどうなるか想像がつかなかった。とにかく早く弾きたかった。それをさきほどバヤンで弾いて、曲は最初の完成…

Royal Road

僕にとっての作曲は、自分の音感での「王道」の展開と和声を見つけることだ。それは自分の聴いてきた音楽や好きな音楽に影響されていると思う。そして慎重に真似を排していく。やろうとしてもできないが、感覚的に真似しようとすれば出来るだろうから、そう…

流麗さ

作曲の当初段階のお決まりで、音色を変えたり拍子を変えたりして試してみる。今回は4拍子で作曲し始めたが3拍子が正解かも知れない。 色々な音楽があるのだが、自分で弾くには流麗な方が好きだ。より流麗に響く方を採用したい。今回の曲については頭の中で流…

2024年2月の新曲

有給の金曜と、土曜日の2日間で曲を作った。というか勝手に出来てしまった。そんなに悩まずに。トリオも出来たら曲になるなぁ、と思ったら1時間ぐらいで出来た。それを再現する、というか流しで弾くのにずっと何時間も練習して、気づいたら夜中だった。口が…

パズルも絵のうち

よく、音楽は音で絵を描くようなものだという。確かに音楽は手に触れられないが、何もない虚空に絵が描かれているような気になる、聴いている時や弾いている時には。でも作曲の時点で絵を描くことが、僕はまだ出来ない。 なんとか描いた絵は確かに絵だが、さ…

無駄で贅沢

今日からまた、新しい曲作りに取り組む。と言いつつ今日は既存の一軍曲を弾き通すだけで満足してしまった。その上で遊び弾きしたが、もちろんすぐには何も浮かばなかった。まぁすぐには出来ないだろう。何週間かは遊びが続いて、その中で何か新しいメロディ…

楽しい音作り

新曲「energysick」のショート動画を作り、YouTubeとInstagramにアップした。YouTubeは初動こそよかったが途中でピタッと動きが止まった。Instagramはいつも通りで最近はさっぱりだ。ハッシュタグごとの最新投稿というフィルターがなくなり、「人気の投稿」…

千本ノック

恒例の千本ノック。指が覚えてない演奏は頭の中で「次は3度上に」だのと一瞬考えるから間が生じて失敗する。指が勝手に動いていけば考える必要はないから音の響きのことを考えればよい。何十回もただ延々と同じパートを繰り返し弾く。失敗したら最初から、成…

トランディション

曲の一部のパートの調を変えた。ほかの部分は同じでも、一部が変わるだけで繋ぎ目の印象が変わり、そこで小さいカタルシスが起こる。音楽的なトランディションと言いますか。当然2回目のその場所では期待に応えることができる。それも弾いていて心地よい。 …

出来ること

週末は買い物と洗濯以外には用事がない。お茶を飲みながらバヤンを弾いていた。新曲は自分にとっての新鮮味が失われてきて、よい曲なのか、美しいのか分からなくなってきた。それでも毎日練習して、動画の撮影に備えている。 平日も毎日バヤンを弾いているが…

黒い背景布

Amazon で注文していた撮影用の背景布が予定より一日早く届いた。今回は完全な無地の黒。とは言っても紙のような無地ではなくベルベット風に多少の起毛がついたやや光沢のある黒(実際はポリエステル生地)だから、光が当たると色味に濃淡が出るのかも知れな…

光明

新曲でよい展開が出来た。クライマックスを過ぎた後の明るさを感じさせるパートが新たに出来た。冒頭の重苦しいフレーズと音が同じ状態から始まり変化していく。これはちょっと、よく出来ましたと思っている。あとでこの明るいフレーズに繋がるのだから、最…

思い込みを疑う

新曲が久しぶりに進展した。作曲は思い込みとの闘いだ。これはこうでなければ、というものは創作の世界では実はないのに、音楽としてこうでなければならない、と思い込んでいることが多数ある。それを少しだけ疑うと、新しい発見がある。自然にこの展開はこ…

あと少し

シャワーを浴びながら鼻歌で何気なく口ずさんでいた。やはり鼻歌は偉大だ。自然さがある。違和感がない。楽器で作曲すると、こう来たら次はこうしないといけない、という思い込みが働いてしまうが、鼻歌はそうではない。行くべきところに連れて行ってくれる…

年の瀬の土曜日

新曲は出来たような出来ていないような。様々なアイディアを組み合わせたような状態から、音楽にする過程でどんどんシンプルにするのだが、曲想的にその削ぎ落した部分にこの曲の本質があるのではないか。そう考えると、それでいいやと思えなくて、どうも完…

最初の沼地

スマホに色々とアイディアを録音して仕事後に作曲を始めたが、どうやら沼にはまったようだ。ただ印象的な和声を適当に繋げているだけであってフレーズに心がない。曲想さえも分からなくなってきた。 一曲の作曲の最中に大体はいつも途中でこの状態になるが、…

羽ばたく鳥のように

新曲は、一度完成したが、改めて頭の中で流してみると見事に手癖(と呼んでいる自分のお決まりのフレージング)で間を繋げただけだった。これでは作る意味も公開する意味もない。試し弾きみたいなものだ。だからやはり自分が手を付けていないフレージングで…

手癖に抗う

新曲の展開を一つ、作曲することが出来た。今回は手癖が頭をもたげる。自分で作る癖のフレージングをしてしまうのをできるだけ避けながら、とは言えいい物は残しながら作ることになる。僕の他の曲と比較して聴く人が自分以外に地球上に存在するのかは分から…

稀なこと

昨日から作り始めた曲。なんと今回は珍しいことに、曲想もタイトル案らしきものも決まった。つまり音楽のテーマを先に決まったということだ。音楽は祈りだ…ということを自分なりに考えてみると、自然に何のためにこの曲を作るか、という部分が明確になった。…