春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

動画アップしました!(26)

V-Accordionのオリジナル曲、26曲目の演奏動画をYouTubeにアップしました。

 

春日井ボン - Negus Habes


www.youtube.com

 

前作からは7週間経過しての新作アップとなった。昨日の記事でも書いているが、演奏も音のバランスもあまり良くない。と言っても再生する前にそんなことは分からないので、再生数には何の影響もないのだけど。

 

タイトルのネーミングについては追って書きたい。よろしければお聴きください!

 

26曲目の動画撮影しました

V-Accordionのオリジナル曲、26曲目の演奏動画を撮影しました。

 

はっきり言って今回は失敗。まず壁紙貼りだが、いつものseriaの90cm×45cmのではなく、同じくseriaで売っていたが製造元の会社が違う60cm×45cmのリメイクシートは材質が厚く、砂壁に上手く貼れなかった(砂壁には元々使えないものだけど)。なおかつ前回3時間ぐらいしか持たなくて撮影後にバサッと剥がれてしまったところから、撮影直前に貼ったけど気分が落ち着かず雑にやってしまったこともあり見た目はかなり悪い。良いのか悪いのか分からないが日光が当たったら薄いピンクと薄いパープルの違いが殆ど分からず、なんだか全体的に背景が良くないという結果になった。

 

おまけに動画の音源そのものが、今まで使っていないベースと音色の組み合わせで、いつだったかも起こってしまったがやけにベース音(左手側)の音が大きくバランスが悪い。動画編集ソフトの段階で少しは調整したが、あまり心地よい音にはならなかった。

 

途中で諦めが入り、演奏そのものも自分で弾いて良かったと思えるほどのものにはならなかった。せっかくポップな分かりやすいメロディーだったのだが、出来上がった動画もイマイチだった。が、やり直そうというほどの致命的なレベルでもなく、これは埋もれそうだなぁという印象。曲がちょっと可哀想かな。長くやっているとこんなこともあるかな、と思っている。これが僕の26曲目。

 

夢の二度見

日中にアルコールを飲んだら、久しぶりだったのでかなり酔った。昼寝した時に夢を見た。しばらく会っていない人に会うことができた。夢の中で僕は自分の悩みを普段は言わないようなことまで打ち明けたら、その人がきっとするように悲しそうな顔をして受け入れてくれた。そして何らかの施しをしてくれた。

 

起きてから「久しぶりに(あの人が)出てきたね」と心の友も言っていた。さてその晩、眠るとまた夢の中でまったく同じやりとりが行われた。また同じ人が登場して、同じ会話をした。ただ一度目の夢と違うのは「実はつい最近、まったく同じ会話の夢を見た、だから正夢になったんだね」と僕が話したこと。相手は不思議そうな、楽しそうな顔をした。

 

朝起きてから、二度目も夢だったんだと気づいた。なぜ同じシーンを繰り返し見たのか分からない。相手が何か訴えてきたのではないので、虫の知らせという訳でもなさそうだ。その人とはもう現実では会話する機会はないので、今度会えたら聞いてみよう、夢の中で。

 

ネーミングのアンテナ

新曲のタイトルを見つけたかも知れない!

 

楽曲のネーミングについて努力目標として、僕は基準を設けている。

  1. 日本語以外の言語であること
  2. 楽曲や創作物の作品名としてネット上に存在していない
  3. Wikipediaの当該言語のページ内で記載や言及がある

つまりは、「Wikipediaのどこかのページに記載があるような、すでに存在する単語でありながら、楽曲や絵画、映像作品などあらゆる創作物のタイトルとしては検索しても出てこない、外国語の単語」ということだ。残念ながら毎回この基準を満たしたネーミングが実現できていない。「よくある」タイトルになっていることもある。でもできれば基準を守った単語をタイトルにしたいと思っている。だから「名付ける」ではなく「見つける」という表現になるのです。

 

今回はまさに3つの基準に準拠したものを「発見」した。タイトルは普段の心の動きというか関心から見つかることが多い。例えば新聞記事で気になったことを色々調べているうちに、とかだ。そういう意味では常にアンテナを張っていなければ、と再認識した。どんなつまらない興味でも、そこからまだ見ぬアートを表現するための道具が生まれることがある。大袈裟ですけどね。

 

その気があれば世界中の人がアクセスできる情報としての単語を用いた創作物がこの世にない(ネットで検索できる範囲では)。後は早い者勝ちの世界だ。後は演奏動画を撮影するのみ。

 

自己満足

午前中に無印良品からの宅配が届いた。今回は買わなくてもよいものを自己満足で買ってしまったな。同じタオルの色違いをたくさん買って取り出しやすいところに並べたくなり、今ある無印のステンレスバスケットを増やしたのだ。

 

家にいる時間が以前より増えて、タオルをよく使うようになった。つまりは手を洗う機会が増えた。よく使うと毎日変えないと気分が悪い。そして洗面所と流し台とで1日に2枚、それにバスタオルも加えると、1週間でなかなかの洗濯物が溜まる。それを週末にまとめて洗濯し、これまた綺麗に(部屋に)干すのが楽しい訳だ。同じ種類の色違いのタオルがずらっと並んだ光景を見て悦に入るのが土曜日の楽しみだ。あぁ、確かに自己満足だ。

 

杞憂

我が家の上階で畳やカーペット張替えやが1週間ほど続くというので実は心配していた。テレワークの業務中に騒音が起こると仕事にならないからだ。でも始まってみれば殆ど影響はなかった。もしかしたら上階の間取りは僕の部屋の階とは異なるので、うちの真上ではないのかも知れない。僕の懸念は杞憂であったようだ。仕事にならないほどの騒音が起きたら何をしようか、と考えた時間は結果的には無駄だったのだが、さりとて実際に起きたらきっと何らかの対処を取らなければならず、その際の決意には考えたことが役立っただろう。仕方ない、とは言いたくない。

 

明日こそは

最近また眠れなくなってきた。起床時間の9時間前ぐらいには床に入るが、快眠だったためしが無い。良くないとされているベッドでスマホいじりというのもやってしまう。仕事中には「終わったら飯食ってすぐに寝るぞ!」なんて思うのだが、実際は終わるとゆっくりと過ごしてしまう。どこかでゆっくり眠ればいいのだが、休みの日にもたぶん7時とか、下手すれば6時ぐらいには起きてしまう。昼寝もしない。一番深い睡眠を感じるのは仕事中の1時間休憩のうちソファでアイマスクをして横になる30分間だ。この時にはたったの10分ですごい快眠になる。

 

どちらにしてもアンバランスであまり良くない。明日こそはゆっくり寝よう、と思うのだけど。