春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすLIFE

バヤニストの独り言

歯医者に通う (32)

今日は多少削って型を取って終わり。次回の通院日決定の際に「23日以降で」と促されたので、次回は仮歯が付けられ、その次に新しい差し歯のブリッジが付けられてこのパーツは終わり…ではないかなと予想する。治療自体にはそれほど時間がかかってないが経過観察とかで回数がかかったパターンか。ずっと言ってるがここが終わったら少しペースダウンしたい。土曜か日曜のどこかで治療に行く、というだけでもスケジュール上、睡眠時間とか就寝時間とかが影響を受けるので、「何もない」という週末にちょっと憧れている。平日も仕事以外なにもない僕だが、そう思う。いまは生活と音楽、そして納税が僕の生活のすべてである。

 

バヤン君4周年

今日はうちのV-Accordion、愛称バヤン君が来て4年目の誕生日だ。

 

3年目の記事はこちら。

bonkasugai.hatenablog.com

 

V-Accordionの耐用年数が何年かは分からないが、バヤン君はこの一年もまったく不具合などの問題なく、元気に毎日いい音を聞かせてくれている。今までも作曲に満足したことはあるが、最近はその度合いが違う。外向けの作品が作れていることがその根拠だ。音から音楽へ、音楽から作品へ。作曲も演奏も楽しいし、どんどんそれが大きくなってきた。毎日家で夜中にだって練習できるのは電子楽器ならではだし、V-Accordionは僕にとっての生きがいだ。ありがとうローランド株式会社さん。

 

バヤン君、4歳の誕生日おめでとう!

 

キャッチ・アンド・リリース

なんとなく作曲しているが、まだ立ち上がってくるメロディはない。いつまでも自画自賛に浸っている訳にもいかない。でも新しい物はなかなか形にならなくて、結局、過去の曲を弾いてしまう。まぁそれも練習になるからいいのだけど。

 

これは残らないだろう、というレベルのフレーズは30分で2つぐらい作れるが、「これは!」というものはなかなかない。その後を作ろうという気にならない。こうした作曲は釣りみたいなものなのかな。餌をまいて、糸をたれる。後は引きを待つだけ、という…。今日は割りと長く待っていたが、小魚が一匹というところだった。後はキャッチ・アンド・リリースの繰り返し。絵で言うと最初の一筆。これですべてが決まる。ない日は仕方ない。また明日。

 

短期記憶が衰えた

今日は何度もカレンダーを見てしまった。

 

仕事で日付の話になることが多く、例えば「先週の水曜日」というのが何日になるのか、本当に一刻を争うのでPCのカレンダーとかではなくデスクのそばに立掛け式のを置いてある。今日は4月の15日…という情報が覚えられなかった。正確には覚えてられなかったというか、確かめるのに何度もカレンダーを見たという話。

 

今日が何日かは何度見ても覚えられなくとも、「スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ」とかは一生忘れない自信がある。つまり、長期記憶じゃなくて短期記憶の精度が急速に衰えた一日だった。これも老化なのだろうか? こうしたことは今までなかったから、そうなのかも。ちょっと面白いが、笑ってもいられない。楽器の運指は長期記憶だといいなぁ。簡単に忘れてたまるもんですか。

 

2021年4月の有休

なかなかいい時間の使い方をした。朝はコーヒーとバナナだけとって買い物に行き、6本入りの水とか玉子などを買って帰った。遅い朝食を取ってから、早目にバヤンの練習の時間を取った。午後は映画を観て、観ることに飽きたら屈伸とかをしてダラダラした。そうこうしているうちに連れが帰ってきたので、今度は一緒に夕食や数日分の食材を買った。

 

次の連休はGWということになるが、今年も外出自粛すべきなので特に予定はない。自転車でどこか行くぐらいかな。連れはもう乗ったらしいが、僕はまだ冬明けから油をさしていない。

 

そろそろ作曲をしようかな。スマホで世界地図を見て、今度は音楽でどこに行こうかと考えた。世界地図を見て作曲する人はそんなにいないかも知れないが、自由だ。

 

有休の前日

明日は月に一度の有休。別にいつでもいいのだけれど、会社に影響が比較的少ない月の中頃の週の真ん中である水曜日に取ることが多い。いつもなら有休の前日は夜ふかししたいところだが、いま集中している作曲もないし、今日は逆に早く寝よう。