ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

表現力

最近の奏法上の課題は、もっぱら表現力の向上だ。具体的には、高音域と低音域をバランスよく鳴らすこと、スタッカートやレガートを効果的に使い分けること。後者なんて音楽の基礎中の基礎なので恥ずかしいが、曲によってある程度は弾き方というのが決まってくると思い込み過ぎて、「ここぞ」での表現力の追求を怠っていたなという反省に立って、「鳴らすだけじゃない音楽」を弾けるよう取り組んでいる。

 

もう当たり前過ぎて頭が痛いぐらいの話だし恥ずかしい限りだが、例えばYouTubeで色んな人の演奏をいくつか聴けばすぐに分かる。表現力の有無によって聞こえ方がぜんぜん違う。曲の良し悪しとは別なので、アマチュアの楽団というような基本的にカバーしかやらない演奏を聴けば、曲が良くても表現力にはバラつきがあって、ただ鳴らしてる・鳴っているだけという演奏もあれば、すばらしい演奏もある。繰り返すが曲の良し悪しとは別なので、プロの場合は表現力が素晴らしいから聴いていられるのであってその曲がいいのかどうかとあまり関係がない。プロでカバーであれば大概は良い演奏、なのだろう。

 

表現力の不足は曲の品位を汚してしまう。だから表現力の向上に取り組もう。ずっと同じ曲を練習しているからこそ気付けたのかな。

 

僕の悪い癖

最近、ひらめきがない。とっくに完成してる曲のタイトルがもう3ヶ月以上に決まらない。まるでそれを楽しんでいるようにずっと練習してきた。もう運指を見なくても弾ける。かつてないほど安定して弾ける。あとはタイトルだ!と言いながら3ヶ月。プロの作曲家が3時間でやることを僕は3ヶ月かけても出来ていない。

 

それでもいい曲だと思う。悪い癖で時々、これはヤバイんじゃないだろうか…と我ながら恐ろしくなったりする、アホなことに。バヤンを弾いている時以外に自信を持てるようなことが殆どない毎日なのだが、それがあるから生きていけるのかも知れない。

 

徐々に振り返る2019年

最近一日過ぎるのが早いなぁ。考え事するのだけが特技だったのに、それすらする暇もなく時間が過ぎてゆく。年末なので時々この1年とかこの5年とかを振り返ったりする。さすがに10年単位で振り返る時間の余裕はないけど。

 

今が幸せかと問われれば答に窮する。少なくとも1年前の同じ時期よりはマシである。でもそれを幸せと言うのが正しいかは分からない。1年前がひどすぎただけなのかも知れない。流されるのには未だに慣れない。抗ってるのか踏み止まっているのかもよく分からん。あぁ分からないことだらけ。したいことが出来ている場面というか時間が存在することだけは確かだろう。さて、バヤン弾こうか。

 

ROUKA

朝、いつものプロテインを飲む蓋付きのシェイクできるコップを探していた。2つあるんだけど2つともない。連れがきっと急に思い立ってどこかに片付けたのだ。しかしどこにもない。諦めた頃、いつも洗って干すところにあることに気づいた。

 

最近こういうのが多い。ショックではない。人並みに老化したのだろう。こういう「おっちょこちょい」なことは僕の人生では殆どなかった。今は人並みにおっちょこちょいをやらかす。最近、よく物を落としたりする。これも人並みだ。

 

色んなことが変わっていく。変わらないようで変わる。どうであれ、自分に付き合わないといけない。よい距離感を保っていこう。少しずつ仲良くなれたのだから。

 

あぁそっか半分だけ…

ずっと練習してる曲だが、主旋律を半分だけオクターブ上げることが出来ると気づいた。V-Accordionの構造上、メロディー全部をオクターブ上げられないのだがこの曲は少しずつ主旋律が高い音から低い音に流れていくので、後半だけ1オクターブ上げる余裕がある。このモデルの音域の中で最大限の効果を出すことができる。ここに書いてるのはメモみたいなもので、自分が忘れないようにするためのものだ。たぶん人が見ても分からないだろう。

 

朝、出勤で歩いていて「あぁそっか」と気づいた。不思議だ、なぜ気づいたんだろう?いまさっき弾いてみたけどいい感じだった。そっかそっか。できれば音域はできるだけ幅広く使いたいもんな。明日もうちょっと弾きこんでみよう。

 

 

少し遠くへ

朝から夜まで吹雪。なんとかコンビニには行こうと連れと夕方買い物に出かけたのに、それだけではお腹がすいてしまって、結局、ピザの宅配を頼むことに(小さいサイズ)。今週末は少しだけ断捨離した。年末が来るのなんてあっという間だ。平日はほとんど何もできない。というか何かを深く考えることができない。せめて本を読もう。少しだけ遠くへ行けるから。

 

パラヴェーラの記憶

この週末は吹雪だ。しばらく着る必要のないビジネスカジュアルのドレスシャツをクリーニングに出した。大量のTシャツの格納方法を平置きから立て置きに変えて、スペースを無駄にせず選びやすくできるようにした(連れの提案)。ワードロープをきれいにして、昼間バヤンを弾いて、連れには近所の店でテイクアウトのホットサンドを買って帰った。夕食は寿司の出前の値段を確認した上で、連れとふたりでスーパーに寿司を買いに行った。

 

GPファイナルの男子フリー。羽生くんはNHK杯の時と比べ物にならない集中力と鬼気迫る圧巻の演技だった。ショートが響いて銀メダルだったが、演技後のインタビューで「早く練習したい」と繰り返しているのが印象的だった。彼は本当に誰よりもフィギュアが好きなんだなと感じる。自分はどうだろう、と思いながら、力をもらった。ありがとうございます。

 

2019年最後の断捨離

何度目かの断捨離をやろうということになった。最近、好きな服の趣味が変わって漁るように好きな服を買ったので量は増えてしまっていた。役目を終えた服をリサイクルで売ろう。連れの意見も参考に、着る機会がないのに吊るしてあるネクタイを必要なものだけ残して片付けたり。ワードロープが格納する場所から、着る服を選ぶ場所になった。定期的に断捨離をするのはよい。要は前回から3ヶ月や半年、1年着なかったものはもう着ないものだ。

 

しかし最大の断捨離はうちの子(自家用車)の最後を見守ることだ。連れによると自走できなくても0円で廃車してくれる業者があるらしい。引取日が週末でもいいところを探して今年中にやろう。そして新しい年を迎えるのだ。

 

色違いを買う心理

今週は昼からの出勤だが、今日は15分早く家を出て、服を買いに行った。欲しい服が公式通販サイトで在庫なしになったため店舗を見ようというわけだ。無事カードで欲しい色の欲しいサイズが買えた。とてもテンションが上がる。結局前回同様、気に入った型番の服の色違いを3色揃えた。これでこの秋冬はもう十分(トップスは)。先月、仕事のある指標で社内1番になったら新しいダウンを買おう!という目標で頑張ったら、無事1位を2ヶ月連続でキープできた。新しいダウンを探したいが問題は欲しいものがあるかどうか。とこういう楽しみを見つけながらならなんとかやっていけるかも知れないし、それぐらいしかない。

 

今から新しい服を着るのが楽しみだ。

 

マーブルトレイン

しつこいがこれが根雪になるのかよと思うような雪の日々。まだクリスマスに向けて一回溶けるタイミングがあるはずなんだけどな…。本当にしつこいのは雪だ。

 

仕事は定時で終われて、家に帰ると連れが作ってくれたごはんを温めてくれて、それを食べてシャワー浴びて新聞読んだらもう日が変わるごろ。さすがに今日は時間がないと感じた。だからこうしてブログを書く。じゃないと寂しすぎるじゃないか。毎日が仕事の準備と仕事と仕事への行き来しかないなんてことになったら。だって仕事が人生でしたいことではないからさ。だからこういう仕事してんじゃないか。やりたいことをするために。

 

眠くても楽器を弾く。今日のバヤン君は調子良かった。このまま1時間弾いたら曲が出来ただろう。どんなにイイと思った曲が出来ても次にもっといい曲、しかも曲調の異なる曲を作りたくなる。「作曲沼」だ。終わりはない。ふと最近聴く曲を弾いて見るとほぼ白鍵だけで出来てて驚いた。メロディーは有意性を持つ音の羅列である。試し弾きのような単なる音の連なりがメロディーになる瞬間、そこで生まれる意味を見たいのである。

 

変なことを書いている。早く寝た方がいいんだな。もっと弾きたいけど明日の仕事が。

 

モチベーション

今日やる予定だった仕事のひとつをかなり想像したが、結果は意外だった。仕事で楽しい瞬間があったり、いい人間関係を実感するような(要は愛されてるなと感じる)ことがあればまぁ楽しいでしょう。でもそれはなくても仕方ないし、ないからと言ってすべて否定しなくてもいい。自分の仕事を真剣にやればそれでいいのだ。評価やら人間関係やらそういうことは後からついてくるものだろう。目標にしなくてもいい。目の前のことをやれば貯金ができて遺産ができる。後につながっていくのだ。

 

…とでも考えれば仕事を続けられるだろう。そう思う。ひとまずはそんな気持ちで。

 

それでいい

今日からまた12時出勤だ。帰ると夜10時ぐらいで、ごはんを食べてシャワーを浴びて、明日の準備をすると瞬く間に23時半ぐらいにはなる。ほんの少しでもお茶を淹れてお菓子を食べて、ほんの少しでも本を読む。テレビじゃなく、静かな中で読書する。それがいいのだ。そして少しバヤンを弾く。すごく眠かったりもするけど、弾いているうちに心がのれば、眠さなど忘れていつまでも弾いてられる。それでいいのかも知れない。

 

「笑顔の勉強しています」

日曜日を堪能した。連れとバスで近所に行き、中華料理屋でお腹いっぱい食べて買い物して帰った。今日もきんぴらを作る。いつもより多めに作った。昨日買った弁当箱のスタートだから気合が入ったんだ。

 

心の友に言われて笑顔の練習をしてみた。普段一切笑わないので頬の上の方の筋肉が痛い。そう、転職してから家以外ではほぼ笑う機会がないので笑い方を忘れてしまいかけてた。という訳でちょっと勉強してみようと言われたのだ。口を開ける度合いと目を開く度合いがともに良い範囲内だと自然な笑顔になるらしい。ちょっとズレると、わざとらしさが目立つ、ということが分かった。

 

笑顔の勉強するのはおかしいことだと思わない。もちろん面白くて笑う時は自然だけど、そうじゃない時の笑顔って全部「わざと」じゃん。CMやポスターの中で笑っている人だって面白くて笑ってる訳じゃない。じゃぁわざとでも笑顔を見せるという行為は悪いことじゃないだろう。そう納得できたので練習してみた。まずは家で実践してみる。連れには好評だ。外でもできるかな。

 

夜はそこにある

昼過ぎから街に行った。東急ハンズで弁当箱を買ったり、カフェに行ったりした。最後に連れと服を見に行った。

 

連れはケーキのような生っぽいスイーツは控えて、日持ちのするものにこだわっていた。と言いつつすぐに食べる癖に…とは思うが付き合うことにした。僕はパイとかプレッツェルが好きだが、それにチョコがかかっているのを探していた。なんとか似たようなものがあったので買ってみた。連れには9個ぐらい箱に入ったチョコを。一体いつまで持つかな?連れは一晩で食べきりそうだなぁ。

 

金曜夜から土曜日は穏やかだ。土曜日の朝ほど幸せな時間はない。あらゆる無駄が出来るからだ。と言いつつ新聞を読み、洗濯して干し、練習して作曲して、ぼーっとはしていない。結構忙しくしているかも知れない。僕は友達というものがいないので、人と会うなんてこともない。つまり今、連れとの外出を除くと仕事以外で外に出ることはない。人に誘われて飲みに行くなんてのも連れの弟や前の職場の関係とか年に数回というところ。

 

やりたいことが出来ない立場でも、したいことはしているから、今は生きてるだけで幸せだ。このまま年を取るのかは分からない。何か変化があるかも知れない。ただあまり変化が起こるような行動を取ってはいないとは言える。僕はもやもやしたものをそのままにせず、型にはめていって納得するのが好きなのだ。何か作りたいという気持ちをそのままにせず、楽器を買って音楽をやるとか。ノートを買って漫画を描いてみるとかね。変化とかより蓄積を望むのかな?

 

雪の中

雪が完全に積もってしまった。もう11月も終わりだがまだ根雪になるとは思えない。次に雪が解ける時が廃車のタイミングだろう。

 

今月もなんとか乗り切った。まだ曲のタイトルとか、ずっとやろうと思ってることが決まってないし、出来ていない。あと1ヶ月。年の区切りまでになんとかしよう。いつも考え事をしているのできっと周りからはぼーっとしているように見えるだろうな。まぁそれでいい。大事なこと以外は放置しよう。そんな気分だ。

 

仕事帰りに連れに出てきてもらって焼鳥屋さんに行った。お酒も焼鳥も久しぶりだったからとても上機嫌になった。食べたいものはまだまだある。困ったもんだ。