ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

動画アップしました!(15)

V-Accordionのオリジナル曲、15曲目をYouTubeにアップしました。

 

春日井ボン - Essence


Bon Kasugai - Essence (original) V-Accordion FR-1xb Solo

 

音色は前回同様、ストリングスを使用。前回よりさらに一人オーケストラ風を意識しています。ベース音色はフレットレスベース。スマホそのままではうまく聞こえづらいのがちょっと残念です。

 

今回の曲は明確にインスパイアされたものがありました。それはフィギュアスケート。このブログでも平昌五輪の時にちらっと書いてますが僕はフィギュア競技を観るのが大好きです。ふと「フィギュアスケートのBGM」という目的で作曲したらどうなるのかな…と思って、20年前に作曲した曲のエッセンスを作り直してみた次第です。

 

フィギュア競技でもいろいろあるけど僕は男女ともにシングルスケーティングが好きだ。大観衆の中たった一人で音楽に合わせて滑り、ジャンプし、表現する。その極限の緊張感を代償に得る大喝采。少しの体調の変化でも演技に影響がある。成功するかどうか分からないジャンプ。体力と神経をすり減らして練習の成果を見せる。楽器の生演奏とすごく近いものを感じます。曲が出来ていく過程で僕は無謀な夢を見た。いつかこの曲が世界のどこかのフィギュアスケート選手に採用されてBGMとして使われるという。その無謀な夢にかきたてられて、指先まで気を払って表現するフィギュアでの動きをイメージしつつ、曲のフレージングを施しました。

 

聴いた方がどんなイメージを持つか分かりませんが、僕にとってはこの曲は孤独におのれと闘うフィギュアスケート選手の演技そのものなのです。自分で言うのは恥ずかしいけど、ラストの盛り上がりは途中の演技がどうあれ華麗なスピンで観客を魅了するあの最後の演技の瞬間をイメージしています。

 

熱く語ってしまいましたが笑、最後にタイトルについて。いやぁ今回もまた、10日かけて考えても決まらず動画の編集時に感覚で決めたという。毎度だな。気のきいたタイトル付けたかったけど、もう駄目だった。時間切れ。

 

演奏力はまだまだですが、曲については自信作です。ぜひお聴きください!

 

15曲目の動画撮影しました

V-Accordionのオリジナル曲、15曲目の演奏動画を撮影しました。

 

とうとう編集ソフトの体験版期限が切れたので、その過去バージョンでライセンス持ってるやつで簡易的に編集した。だからいつも以上にタイトルなどがさらっとシンプルだけど、このタイミングで出したかった。

 

昨日も書いたけどこのところのモヤモヤが気分的に邪魔してたけど、でもバヤン弾くとなんか安心するんだよなぁ。いつも音楽に救われている。自分の曲を弾いてリラックスできるなんて、なんと自給自足なことだろう。

 

撮影はテイク5ぐらいでOKにした。書き出しのエラーもあったけどどうにか完成。明日YouTubeにアップします!

 

気高くありたい

ひとつひとつは大したことないはずなのに、色々混ざって重なって、どんよりした気分になる時がある。今がまさにそうだ。珍しくモヤモヤしてしまっている。だいたい原因は分かってる…つもりだったけど、ひとつひとつこれか?と考えていってもスッキリしない。だからモヤモヤなんだろうけどね。

 

なんというか不安と焦燥と馬鹿にされてるような気持ちが混在してると言ったらいいか…明確な原因もないのにそんな感じ。ところでこういう時は特に車の運転に注意したい。要はキレそうってことだから。キレてもいいレベルや相手というのものがあるが、運転でキレることだけは絶対に何一ついいことがない。特に最近は自動車の運転において巻き込まれ型の人身トラブルが多いから絶対に気をつけよう。

 

僕がモヤモヤしてる時は、必要以上に気を使ったり自分を抑えてる時だと思う。後先考えずに素直に本心をオンタイムで出すというのも処方箋の一つだろう。それは否定しない。だけどもう一つある。気高くあること。ただそれだけでいいんだ。心の底からそう思えるのだ。

 

踏み台を探す

立って演奏する時の踏み台を探してる。今日は百円ショップとホーマックニトリを見たけどいいのはなかった。

 

演奏のスタイルは都度変えてきた。20年前に弾き語りをしてる時には最初は立って演奏していて、踏み台は必須だった。バヤンはたしか12kgぐらいあって重かった。蛇腹を戻す時にかなりの重圧が左腕にかかる。そういう時に踏み台があれば圧力を分散できる。

 

踏み台もいろいろ試した。恐らく初ライブの時に軽い気持ちで主催者の楽器店にクラシックギター用の踏み台を借りたら、練習段階で壊してしまった。足の部分がクロスしていて折りたためるのだけど、クラシックギターのように座って足組んだ状態で軽く乗せるのではなく、全体重+バヤンの重量がかかった状態でいると荷重量を超えてしまったのだろう。そんなわけで当時は色々試した挙句、ブリキのゴミ箱をひっくり返したものを踏み台にしていたけど見栄えがちょっとな…って感じだった。

 

さて、立って演奏していたのはアクティブな印象になるからだったのだけど、そもそも固定マイク3本(右手、左手、ボーカル)に囲まれて演奏してたから立つ必要ねーかということに気付いて座るようになり、踏み台は必要なくなったのでした。

 

そして今、弾き語り時代と違って右手を見ながら演奏できるインストをやっているけども、座ると後ろにのけぞることになり背もたれがないと気になってやりづらい。ライブ場所で必ず背もたれありの椅子を用意してもらうのも毎回面倒なので立って演奏しよう、その方が普段の練習と差異がないしね。ってことで、立奏を採用したここに来てやはり踏み台が欲しくなったという訳です。

 

高さは大体20cmぐらいがベストだろうか。最悪、脚立という手もあるが見栄えもちっとは気になるし。いい踏み台ないものかしら。

 

どうにかなるのか?

今日は少しだけ自分に向き合うことが出来た。意外にも休んでいる間、外ばかり見ようとして自分と向き合っていなかったから。どうにかなるのか?すべての答えは、いまの状態を認識することと、いま必要なものを意識すること、にある。

 

時間を大切に。

 

スケートリンクに行った

家の近くの体育館にスケートリンクがあるので連れと一緒に行った。今日は一般開放されていて、見学は無料だった。平日なのに意外に人が多くてびっくりした。リンクをぐるぐる回ってる人たちの中に、中心部でスピンをしてる子たちがいた。どういうレベルなのかは分からないけど、彼女たちもまたフィギュアの選手なのだろう。生で見るのは初めてだ。もっと見ていたかったけど、ちょっと寒い。10分ほど見て体育館を後にした。なんだかこういう公共の体育館みたいなところで人がたくさんいるのっていいなと思った。みんな好きなことをすればいいだ。僕もそうしよう。

 

曲のインスピレーションは十分に得たけどタイトルは今日も思いつかない。

 

おかえり!

久々にうちの子(自家用車)の話。先日公道でエンジン停止騒ぎの後、中古のISCVに交換する作業が終わったとカーコンビニ倶楽部から電話があったので引き取りに行った。

 

今回車検直後ということで工賃は無料にしてもらい、1万8000円弱。嵐と同じ「ラスト2年」のスタートがようやく切れました。さてどこに行こうね、うちの子。満身創痍なのにいつも元気に走ってくれる。ありがとう、おかえり!

 

いつもお前に悩まされる

一人の時間もあったのでバヤンを弾いたりしながら一日タイトルを考えた。おかしいだろう、終日、自分が作った曲のタイトルを考えてる男なんて…。浮かばない。普段なら案は出てきてその英単語なりフレーズを検索してかぶり回避チェックしてるところなんだけど、そこすら行かない。演奏の習熟についてはそろそろ考えずに弾けるようになりつつあるのでなんとかライブ前に演奏動画を撮影できるかな。そして少なくとも来週1週間はライブ用の曲順でとにかく反復練習しなくては。

 

タイトル、いつもお前に悩まされる。インスト曲で唯一何かを言葉で表現できるチャンスなのに、何も出てこない。考えすぎて泥沼。はふ。

 

ブログ開設2周年

このブログを開設して本日で2周年となりました。昨年の今日、1周年の記事はこちら。

bonkasugai.hatenablog.com

 

はてなブログとしての変化というか成長というか、そういうのはまったくない。読者様は変わらず1名で、総スター数もこの1年で0、ブックマークも0です。安泰ですね。開設以来毎日欠かさず投稿しているため記事数は730になりました。1000日目行ったら何かいいことあるかなぁ…。

 

節目の振り返りなどどうでもよいほど、今は今に忙しい。今が大事なんだ。

 

新曲が完成しました!

およそ2日ほどで3拍子の新曲が完成した。

 

今回はテーマも目的もすごく明確だ。タイトルを考え中だが、そんなに時間かからないんじゃないかな。というか作曲が完成して、まだ弾きこなせていない段階でタイトルを考える、これが無上の楽しみだ。なぜなら僕の場合タイトルがその曲における最後の創作だから。曲の意図とか作曲背景とかを確実に反映したタイトルにしたい。よ~く考えよう。

 

終わり方がとても特徴的(終わろうとしていること、をある程度の時間感じさせられるちゃんとしたエンディング)なのでこれはライブの一番最後に演奏しよう。そう、23日のライブで演奏しようと思ってる。ちゃんと作曲の意図や背景も説明したい。この曲にはそれだけの価値があり、僕にとっても新たな一面の披露になるだろうと思う。

 

実に幸せだ。明日はブログ2周年かぁ~。そろそろ現実と闘おう。

 

ジャッキー奏法

新曲を作曲中、新技を編み出した。

 

それは左手のベースキーのジャンプに関わること。例によって僕は基礎を学んでないのでそもそも奏法としてそういうものが必要なのかどうか、また他のアコーディオン奏者がどうなのかすら分からないけど、僕の場合、左手の手のひらをベタッと奏者から見て左側のところに付けている訳です。ベースキーで大きいジャンプ(遠く離れたベースキーに移動)する時、いつも非常に苦心する。ボルダリングで上にジャンプするみたいにリスキーである。だから出来るだけジャンプしないかジャンプの回数が少ないように作曲するけども、どうしてもこれが必要というジャンプもある。今回の曲がまさにそれ。ジャンプがし易いのはベローズ(蛇腹)が完全に閉じてる時ぐらいであって、開いてる時にするジャンプは重力がかかるからベローズが下に落ちてしまう。

 

そこで、今回編み出したのは、左手の甲を左側のストラップの内側に押し当てて一時的にバランスを保ちジャンプする方法。ジャッキー・チェン素手でビルを上がる時にジグザグに進むイメージから「ジャッキー奏法」というこれ以上ない名前を付けましたよ。こんな奏法(奏法なのか?)、邪道なんでしょうけどね。むしろ「その奏法ちゃんとした名前あるよ」なんてことあったらビックリだな…。いったい他のアコーディオン奏者の方たちはどうしているのだろう。

 

とりあえずこの奏法を使ってから、大きいジャンプの成功率が格段に上がりました。だから、これでいいのだ。

 

3拍子の新曲

ライブまでちょうど2週間を切った。練習だけすればいいのに、昨日から新しい曲を作り始めた。たまたま観たフィギュア四大陸選手権の女子ショートプログラムで坂本花織選手が「From My First Moment」という曲(サティのジムノペディ第1番に歌詞をつけた歌)を使ってて、「あ、3拍子の曲つくろう」と思ったからだ。サティは意識しない。そう言えばレパートリーの中で6/8拍子は作ったことあるけど所謂ワルツ…3/4拍子はなかったっけ。

 

曲を作ってると時間はすぐに過ぎていく。音楽は人生で打ち込むべきことの一つだと本当に思う。楽器演奏も作曲もモノになるまで本当に時間がかかるからだ。簡単にできることはつまらないだろう。色々な偶然を経て僕はバヤンをいまここで弾いているんだ…そのことに感謝しつつ作っている。

 

春日井ボン ライブ情報(3)

f:id:bonkasugai:20190208235942j:plain

 

3回目のライブ情報です!

 

春日井ボン ライブ情報

▼日時:2019/2/23(土)20:00頃

▼場所:スタジオ&ギャラリー Cuanto norte

     札幌市北区北24条西4丁目3-1 第3タイガービル3F

▼ワンドリンクオーダー制

 

今回も初回のライブと同じくCuanto norteさんで、写真展のクロージングパーティーの一環として演奏させていただくことになりました。いつも通り特にライブの尺とかは決まってない(決められてない)感じだけど、最大30分ほどを予定。今回は曲数もそれなりに多くして、しっかりと自分の世界観を表現しましょう!個人的には、自分も出演するけど他の方のライブも観れることと、ライブ後のお食事とビールがとにかく楽しみなのです。あと今回は連れが写真展に参加するってのも楽しい理由。

 

ぜひお越しください!

 

ISCVの交換へ

うちの子(車)っていうカテゴリ作るかと思うほどですが、今日も車の話です。

 

前回、公道でエンストした話を書いた。カーコンビニ倶楽部からさきほど電話が来て、「点検したところISCVの不調と判断した」とのこと。オルタネーター(発電機)自体は?と聞くと、オルタネーター含め他の部分は今のところ正常で交換の必要はない、だって。

 

ISCV、初めて聞いた。Idle Speed Control Valve の略で、アイドリング回転を調整する弁。経年劣化によりカーボンが溜まるとアイドリング不調になる。

 

ISCVの不調で起こる事象についてネットで調べると、確かに今回の症状にどハマリしている。アクセルを踏みながらだとエンジンがかかるとか、最終的にエアコンとか電気系統を切ってエンジンがかかったとか。清掃で改善する場合も多いが逆に悪くなることもあり症状の改善には交換が確実。交換の際には必ずガスケットを新品に交換することが必要。

 

なんと修理店の人が少々移動するために自走したらその際にも信号待ちでエンストしたって。その時には再始動できたということだけど、再現できてしまった訳だな。気になるお値段は?ISCVの新品は5万円ほどするが(僕がお金ないのは知ってると思う)中古品を探して1万5000円ほどのを確保した、として細かい部品と合わせて1万7800円での提示がされた。それに工賃ですか?と聞くと、車検後にご迷惑をおかけしたんで今回は工賃はいただきませんとの回答。待ってました。

 

お財布には痛いが交換せざるを得ない。古い車だから色々ガタが出るのは理解してるが、車検が済み、任意保険も昨日更新したところだ。廃車にするタイミングではないし、僕は安心してうちの子に乗りたいだけなんだ。残り1万7000円は本当にぎりぎり出せる最大限だな。交換を依頼して電話を終えた。早く安心したい。

 

連れに顛末を話すと、そうかもう次の車検までの2年がラストだよね、という話になった。連れがぼそっと「あと2年…嵐と一緒かぁ」と言ったので二人で笑った。うちの子と最後の思い出をたくさん作る2年にしたい!嵐と一緒で。