春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすLIFE

バヤニストの独り言

ぐいぐいと

昼過ぎから連れとラーメンを食べ、ドンキホーテで自転車を見た。あまりに天気が良かったので少しドライブしてから知らないクレープ屋に行った。その後ちらし寿司を探していくつかのスーパーをはしごした。

 

今日はフィギュアスケートの国別対抗戦で女子フリーがあった。知ったかぶってるようなことは書かないけど、坂本選手はこんなに緊張しているフリーを初めて見た。前半のギリギリの緊張感から徐々に解放されていく後半は見事で、まるであと少しで頭が真っ白になりそうな綱渡りの演技に見えて、ぐいぐいと引き込まれた。紀平選手は、冒頭のトリプルアクセルの転倒をリカバリする苦しいフリーだったので悔しさはいかほどかと思った。二人ともこんなに緊張している姿は初めてだ。僕が10名程度のお客の前で演奏するのとは比べ物にならない。いったいどれほどのプレッシャーだったろうか。今回は宇野選手も田中選手も挑戦という言葉がぴったり合うような大会だったと思う。

 

緊張感との向き合い方を僕も学ばなければいけない。昔は無理やりやってるうちに慣れたけど、今はむしろ「緊張しい」になったもんだ。