春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

蜘蛛と巨人

朝起きた瞬間に蜘蛛を見た。枕から頭を上げて、傍らのスマホを取ろうとして目に入ったのだろう。枕の上を小さな蜘蛛がササササ…と動きだす。あまりに驚くと意外にも声は出ないものだ。ティッシュを取って蜘蛛を軽く包み、ベランダに解放した。頼むから、もう部屋には入らないでね。よく考えれば蜘蛛も休んでたところ「巨人」が動いたので慌てて逃げた感じがあった。僕は蜘蛛と一緒に寝ていたようなものだ。悪いやつではないのかも知れない、なんて思う。