ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

荒くれ

楽しい休日の最後、寝る直前に曲が完成した。曲のパートのいくつかのパターン(2回目はベース音を少し変えるとかそういうの)をどういう構成で繋ぐか、どうすれば効果的に気持ちが上がるかを風呂に入りながら頭の中で組み立てて、「こことこれが繋がれば完成だな」って部分を実際にV-Accordionで弾いて違和感がなかったので、完成とした。

 

結局、必要以上の展開は増やさなかった。考えたけど追加できなかったってのもあるし無理やりメロディー考えても良いけど、なんだろう。何のために音楽をやってんのかと考えたら、「商品」になって初めて完成する訳じゃないんだから、自分がその曲の作曲に満足した時点で完成と決めればいいんだよ。主題を変化させるところはあるけど、印象的なフレーズの勢いが削がれないように、敢えてそんなに沢山メロディーを作らなかった。そういう曲もあっていいし。時間は計ったら2分10秒あたりのはず。でも延々演奏してても別に大丈夫な曲。

 

今回も初めてのことがある。この曲は今まで一番荒々しいというか、情熱的かも知れない。アコーディオン音色で演奏するのが望ましい。

 

まだ上旬だから下旬までには撮影してYouTubeにアップしよう。それをもって外界に出たいですね~。