ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

タイトルネーミング学

先日、新曲のタイトルが決まるまでについて熱く語ったのだが、僕にとって曲のタイトルは作品の完成度を左右する重要な要素だ。そんなに大事なら最初からタイトルありきで作曲すればいいのだ!確かに。というか常に良いタイトルについてアンテナを立てて考えている必要がある。タイトルありきは極端でも、タイトル案をストックしておくことはフレーズのストック以上に大事なのかもしれない、僕にとっては。

 

いつかタイトルのネーミング学のようなものを展開してみたい。なぜなら日本語のネーミング学のようなものはあるけど、外国語のネーミング学はなかなか見つからないので、自分でまとめてみたい。まぁ100個ぐらい作ってからだろうか。かなり先だな。