ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

撮影して感じたこと

f:id:bonkasugai:20180130203328j:plain

 

カメラをセッティングして動画で演奏を撮影した。こうやって自分を撮るのは初めてで、5年前くらいに買ったビデオカメラのリモコンの封を切って初めて使用した。

 

テイク30くらいしただろうか…。失敗したらいけない、と思うと普段まったくミスらないところでミスるし。うまく行ってるぞこの調子で、後半エモーショナルに行こうとか思うとその瞬間に指がひきつってしまう。

 

失敗してもいいや!感情込めていくぞ!と思うと意外に調子よく、いいぞこの調子で!などと思うとその瞬間に大失敗したり。演奏力がまだまだなのは言うまでもないけど、よく見せようなどと思うと失敗する。

 

最終的に「もういいや。疲れた。無心で」と思った時にようやくノーミスで撮れた。その後何回か、小さなミスはあるものの全体を潰してはない(本来の音がかすれて小さくしか出なかったなど)程度のものをとりあえずこの日のOKテイクとした。これでも1時間半くらいかかってしまった。

 

思ったよりベース音が小さい。あとライン2本でやってるからモノラルで個別に、つまりベース音だけ編集で上げられると思っていたが、ステレオが2トラックで収録されていたので思ってたものと違った。映像制作は仕事でやっていたのでカメラも編集ソフトも素人ではないのだが、まぁ完全なモノラルだったらあとでステレオにする時に却って大変だから楽器の構造上、LRで2つの外部出力端子だけど軽いステレオが2つになってるんだろうなと想像した。結局、編集ソフトで周波数を指定してボリュームを上げたので動画としては特に問題ないのだけど、ライブやる時にアンプ通すといじらないとダメだなぁ!その後、楽器の設定でもベースバランスを上げた。

 

音以外にはタイトルぐらいしか編集するところはないからすぐにアップできるのだけど、曲のタイトル決まってないや笑。どうしよう。