春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

運指の進展

今日はスィングで弾いてみた。やはり弾きづらい。ただ分かったことは、サンバにしてもスィングにしても減衰系の音色、つまりギターやピアノなどロングトーンにならない音色で弾いたらしっくりくることだ。なるほど、またアコーディオンらしくない曲を作ってしまったということか。

 

さてそれよりも今日は別の進展があった。とても弾きづらい部分があったのだが、指の使い方を工夫して感覚がつかめるようになったことだ。うまく弾けると楽しくて、なんども成功できることを味わうように何度も何度も繰り返し弾いた。

 

まるでスポーツみたいだ。口ではうまく説明できないが、頭の中に3D空間があってこの地点からこの地点にこのタイミングで指を出す、というようなことそのまま指令する感じ。様々な球種を使い分けるピッチャーのように、その感覚を発揮する。これがまた練習しないとすぐに忘れるんだから、いま覚えたこの曲のその部分の弾き方、この曲を弾く限りは一生ずっと練習し続けるのだ。