春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

好ましい軽さ

V-Accordionの音色の話だが、しばらくアコーディオン音色でやっていたが、久しぶりにクラリネット音色を使って新しい曲を弾いてみたらあら不思議。相当軽い雰囲気になり、無駄に重厚だった曲調ががらりと変わった。なんというか弾き始める時の重みみたいのがない。よくも悪くも。

 

軽い感じもいい。ミュゼットみたいな曲調なら余計かも知れない。僕は作曲の段階では大体ピアノかストリングスを使ってる。音の粒というか和声がよく聞き取れるので「一音変えたら大違い」がよく実感できる。僕のポリシーとして「名曲はどんな楽器で弾いてもよい曲」なので、音色なんて本来は気分や好みで決めればいいぐらいに思ってる。それでもなんだろうどうしてもアコーディオン音色じゃないとダメな時があるし逆もある。「Curoscivo」はマンドリン音色を使ったから出来た曲だし。今回の曲を何で弾くか、まだ悩んでる。まぁ弾きやすい方でいいのかな。試行錯誤するのも楽しい。