春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

古本屋さん

連れと二人で、近所にある古本屋さんに行った。豆本の展示をしているそう。ネット上では一切宣伝をしていないということなので僕も店名は伏せよう。豆本もそうだけど、店主さんの説明を聞きながら書物だけではなく飾られている品々をゆっくり眺めた。平日のあの心の持ちようとは無縁の、ゆっくりおだやかな時間を過ごした。僕も春日井ボンの名刺をお渡しした。何がどうなるか分からないからね。僕のマンションからすぐ近くにあって、そこでの営業は7年目を迎えると言うが、これまでまったく気が付かなかった。また行きたい。ありがとうございました。

 

今日はそのほか、リサイクルショップにダイニングテーブルがないか見に行ったり、買い物に行ったりした。このまま帰るのちょっと寂しいね、と話したけど他に行きたいところもなく、もう外は薄暗い。家でだらだら過ごそうと決めた。これからきんぴらごぼうを作る。

 

ささやかな休日だった。今だけは明日の朝から自分がどんな気持ちになるのかを考えたくない。お正月明けからまだ折り返し地点に到達しただけ。まだまだ長い。そして明日からが山場だ。来週を生き抜けば相当強くなっていることだろう。だけどなんとか理由をつけて途中でリングを降りれないか考えてしまう。あぁ、考えたくない。