春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

試そう

新曲は最終工程として、奏法のチェック。先入観に囚われずに奏法を変えてみて試してみる。トリルを多めに使うようにしているがこれは最近ピアノコンチェルトをよく聴くからその影響だと思う。アコーディオンではピアノほどは使わないはずだけど、使わない訳でもない。アコーディオン特有の奏法で、なんと呼ぶのか知らないが蛇腹を高速で押引してやるトリル様のものがあるが、あれは苦手だ。蛇腹の硬さ(緩さ)はつまみで設定できるが僕は蛇腹が硬いのが好きなのでやりづらい。あれをやるにはある程度、蛇腹は緩くないといけない。でもそれさえも試してみる。採用はしないがいつか使えるかも知れない。僕のやる音楽を好む人は世界に少しかも知れないけどいることは確かなので、僕の音楽としての完成度を高めていけば何かが開けるのだ。だからそのために色々と試そう。