春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

くだらんこだわり

ベースライン

新曲のサビにあたる主題のメロディーのベースラインで悩む。旋律がロングトーンなのでベースには動きがあった方がいい。だがあまりゴチャゴチャさせると旋律が持つ優美さが失われてなんだか安い曲になってしまう。自分の中に別人格の天才プロデューサーがいたと仮定しよう。どんなショボい曲でもある程度魅力のある曲にできるし、いい曲はもっとよい神曲にすることができるとして。彼はどんなアレンジをするだろう。メロディーも今ので決まりじゃなく譜割りを変えてグルーヴを出せばよい。どうすればいいだろう?などと想像して、考える。

 

ベースラインはいつも悩む。人が弾く楽器なのだから限界というか選択肢は限られているかも知れないが、まだ何かやってないことがあるはずだ。それを僕は別人格と一緒に考える。