ボンかすLIVE

春日井ボンのボンかすLIVE

バヤニストの独り言

第一稿の完成

お風呂の中で鼻歌で作曲したフレーズを弾き直して、その後の試行錯誤を経て、パートの構成を練り直して、曲が最初の完成をみた。楽譜で言うと第一稿ということころだ。

 

昼間、近所の連れがよく行くカフェに2人で行き、僕はメモ帳にパートの構成を書き出していった。この構成書きは自分として大作か名曲の時にしかやらない。最初はこうなるとは思わなかった。今回はインスピレーションが良かった。降りてきたという感じはないけど、自然なつながりで旋律を紡いでいくとAパートから始まりHパートまでできた。でも長い感じはしない。

 

テーマは何もない。自分でもこの曲はなんなのか、よく分からない。これからだろう。きっとそれこそテーマが降りてくる。あと1か月ぐらいはこの曲で遊ぼう。ここからが楽しいのだから。