春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

夏のスランプ

完璧な曲を作りたい、と心から願ったがその後まったく何も浮かばない。何らかの曲を作る、ということならさすがに毎日はしなくても週1で新曲をYouTubeに上げることもできるが、そんなことに意味はない。この世に完璧に美しい旋律を生みだして遺すことが僕の願いである。だから1年かかってもあるレベル以上のものを1曲、4分ぐらいのものをひとつだけでも作れた方が意味がある。

 

楽器を弾いていても意外に生まれない。指がどうしても癖の動きをしてしまうので同じようないくつかのパターンの枠内に留まってしまう。むしろ鼻歌である日唐突に生まれるようなメロディーの方が指癖から離れていて新鮮だろう。

 

どんな楽器で弾いても美しいと感じられる旋律と和声とリズム。このシンプルで奥深い目標に取り組んでいる。毎日はすごいスピードで過ぎていくが関係ない。