春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

深い仮眠

ある時、目覚めたらまったくいつなのか分からなかった。それどころかどこにいて自分が何歳なのかもよく分からなかった。ふと時計が目に入ったら17時台だったので(24時間表示)夕方だとは分かったが、僕はどの時間軸にいるのだろうか。次の瞬間、仕事の休憩時間に仮眠していたのだと分かった。ソファに横になり20分が経っていた。

 

危なかった。起きた瞬間、大学生で午後からの講義に遅れているような気もしたし、何か大事な用事をすっ飛ばしてしまったような気分だった。まだ10分ほど仮眠できる。妙な状態。あまりに深い仮眠で、意識が飛んでいたようだ。もっと深かったら戻ってこれなかったような。初めての体験だった。