春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすALONE

バヤニストの独り言

よくある感じ

楽器を触っていて新しいフレーズが浮かんだのでそのまま作っていった。が、これはありがちな本当にありがちな感じだった。特に自分がありがちな展開とメロディー。これは作る意味はあるのだろうかと考えてしまう。

 

自分が作りがちなメロディーを他の作曲家が同じように作りがちとは言えない。だから僕にとっては手癖で作りがちなメロディーと和声と展開でも、世の中的にはマイナーかも知れない。つまりは、僕は珍しい個性的な曲が作りたいのか、ありがちだが「いいね」と思われる曲のどちらが作りたいのかを考える必要がある。個性的だがいい曲であれば申し分ないのだが、そうならないことが多い。そうなるのは奇跡だし僥倖だ。

 

ひとまず突然変異するかも知れないからストックに入れておき、作るものがない限りは作り続けてみよう。どうなるのかな。