春日井ボンのボンかすLIFE

春日井ボンのボンかすLIFE

バヤニストの独り言

キャッチ・アンド・リリース

なんとなく作曲しているが、まだ立ち上がってくるメロディはない。いつまでも自画自賛に浸っている訳にもいかない。でも新しい物はなかなか形にならなくて、結局、過去の曲を弾いてしまう。まぁそれも練習になるからいいのだけど。

 

これは残らないだろう、というレベルのフレーズは30分で2つぐらい作れるが、「これは!」というものはなかなかない。その後を作ろうという気にならない。こうした作曲は釣りみたいなものなのかな。餌をまいて、糸をたれる。後は引きを待つだけ、という…。今日は割りと長く待っていたが、小魚が一匹というところだった。後はキャッチ・アンド・リリースの繰り返し。絵で言うと最初の一筆。これですべてが決まる。ない日は仕方ない。また明日。